P+D BOOKS 春の道標

黒井千次

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    戦後間もない時代を描いた自伝的青春文学。旧制中学から新制高校へと移行する時代、高校2年生の倉沢明史は、通学途中に出会った中学3年生の美少女・棗に惹かれていく。文学に憧れ、政治にも熱い関心を寄せる明史だが、幼なじみの慶子との接吻もあって心は千々に乱れる。武蔵野の美しい四季を背景に、物資は満足にないけれど心豊かに生きる若者たちの甘く、ほろ苦い思春期の恋愛を叙情的に描いた青春小説の傑作。“内向の世代”を代表する著者が、今回あとがきを特別寄稿。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード