【最新刊】化身 下巻

化身

渡辺淳一

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かの光源氏のように、秋葉は若い霧子を理想の女性として育てることに没頭していた。二人でスペイン、フランスと旅をして愛を育むが、次第にすれ違い始める。霧子にアンティークの店を出してあげたのがきっかけだった。彼女は、愛という移ろいやすいものよりも、自立した女のあり方を求めるようになっていた。永遠につづくかと思われた二人の愛はどうなってしまうのか。渡辺文学の頂点をなす物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/01
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 化身 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      化身 全 2 巻

      1,705円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    2.5
    6
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/11/18Posted by ブクログ

      50歳を目前にした評論家の男性が、銀座のクラブで出会ったどこか垢抜けない若い女の子に目をつけ、美しい女として育て上げながらも、その女への愛に溺れていく…

      …あらすじだけ読んだらまったく痴人の愛にそ...

      続きを読む
    • 2014/06/21Posted by ブクログ

      金も時間も余裕のあるおっさんが若い女におぼれる話。正直くだらない話だな、と頭の片隅で思いつつも、何となくおもしろくて上下合わせると1000ページくらいあるだろうか、あっという間に読んでしまった(ただし...

      続きを読む
    • 2013/10/29Posted by ブクログ

      内容はくだらないし、渡辺淳一の画一的で古くさい男女談義も退屈だけど、なんか読ませる。
      今回の結末は気に入った。

    開く

    セーフモード