【最新刊】それは私と少女は言った

それは私と少女は言った

タカハシマコ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

その美少女は幼く美しいまま死を選んだ。敵視した少女。憧れていた少女。比べた少女。真似をした少女。崇拝した少女。多感なこころが揺れ動く。――奇跡のような美少女、鳥子(とりこ)が自ら死を選んでから三年。その瞬間に居合わせ、やがて高校生になった五人の少女たちが、それぞれに巡り合う自分のなかの“鳥子”。少女の美は何度でも甦る。

続きを読む
ページ数
177ページ
提供開始日
2013/07/26
連載誌/レーベル
ITAN
出版社
講談社
ジャンル
少女マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • それは私と少女は...2017/08/24Posted by ブクログ

    完璧な美少女・駒沢鳥子の衝撃的な自殺から数年。
    高校生となった目撃者の少女達それぞれの視点から語られる鳥子像とは……

    透明感あふれる繊細で可愛らしい絵柄、お人形さんのようにふわふわで瞳の大きな女の子...

    続きを読む
  • それは私と少女は...2012/07/22Posted by ブクログ

    奇跡のような美少女、鳥子は何故自ら死んだのか。その瞬間に居合わせた五人の少女。
    敵視した子、憧れた子、真似をした子、比べた子、崇拝した子。
    少女たちのどろどろとした心中が丁寧に描かれていました。
    桜庭...

    続きを読む
  • それは私と少女は...2013/03/24Posted by ブクログ

    残酷なまでに美しい少女の死を巡る、オムニバス形式の話。タカハシマコのブラックな一面が覗ける作品であるからこそ、あまり人にはお勧めできない。けれど私はこういった作風も好きだ。

開く

セーフモード