ゼロの物語II~7本の剣の守り手~《改訂版》

高羽そら

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    危機一髪で研究所を脱出したソラたちは、新たな剣の守り手であるブロックを迎えて、残る3人の剣の守り手の探索を続けていた。エリュシオンでは、連邦軍や公安警察で大規模な人事異動が発令され、ひとつの国家であったエリュシオンが民族ごとに分裂することになった。各地域の境界線が事実上の国境となり、ささいな出来事で全面戦争を誘発するという事態を迎えていた。その影で暗躍していたのは、ホワイトが率いる〈ヌース〉という秘密結社だった。ようやく7人の剣の守り手を集めたソラたちは、地底民族であるラ・ルーの招待を受けて地底世界を訪問する。そして第5の予言の最後の封印が解除され、予言を成就するための命題とガイアの救世主が明かされた。それは、ソラとティーグレを究極の葛藤へと導くものだった。さらに仲間に裏切り者がいることが判明する。ソラは自分に課せられた運命とティーグレに対するゼロの愛に絶望して、エリュシオンを離れようとする。しかし運命はそれを許さなかった。なぜなら世界を恐怖で支配しようとする、ホワイトの具体的な計画が明らかとなったからである。絶望的なエリュシオンの未来を知り、目を背けることができなかった。Xデーが近づくなか、ソラたちは敵部隊に侵入する。それに呼応するかのように、闇の陰謀に立ち向かうべく連邦軍や公安警察の勇士も立ち上がった。しかし、その計画は敵の知るところとなった。窮地に追いつめられたソラたちは、恐るべき結末を迎えることになる。明かされた第5の予言の全貌とは?ガイアの救世主とは誰なのか?裏切り者の正体は?ソラが手にした第2の鍵とは?ホワイトが計画した恐るべき陰謀とは?これらが第2部を通じて明らかにされていく。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード