拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中

著者:片田珠美

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2016年7月に起こった相模原障害者施設殺傷事件は日本社会に大きな衝撃を与えた。自分勝手な言い分によって引き起こされた事件は、死者19名、負傷者26名という、戦後最悪の大量殺人事件となった。世界では欧州や中東などで自爆テロが相次いでいるが、こうした不特定多数の人々を巻き込む大量殺人・自爆テロ事件だけでなく、警官による自殺や親子心中、介護心中など無理心中にも通じるのが絶望感と復讐心だ。強い自殺願望に突き動かされ、誰かを道連れにせずにはいられない拡大自殺の根底に潜む病理を分析する。第一章 大量殺人と拡大自殺第二章 自爆テロと自殺願望第三章 警官による自殺第四章 親子心中第五章 介護心中終 章 拡大自殺の根底に潜む病理

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中。片田珠美先生の著書。絶望感と復讐心で他人を巻き込みながら社会を震撼させるような拡大自殺事件の発生が日本で増えている。相模原障害者施設での事件、秋葉原事件、古くは...

      続きを読む
    • 2018/01/19Posted by ブクログ

      大量殺人や自爆テロなどの事例を調査する中で,犯人の心理的な側面を詳しく考察している好著だ.第5章で議論されている「介護心中」はこれからますます増えるものと予測されるが,巻き添えにする心理を考察した部分...

      続きを読む
    • 2017/11/29Posted by ブクログ

      拡大自殺の根底にあるものは復讐心であるという事は、今までにも言われてきた事だろう。他責的傾向が大量殺人を引き起こす要因の一つ。自己処罰(自殺)という回り道をとおって、もとの対象に復讐する。被害者意識を...

      続きを読む

    セーフモード