【最新刊】新版 ジャパンアズナンバーワン

新版 ジャパンアズナンバーワン

エズラ・F.ヴォーゲル(著者)/広中和歌子(訳者)/木本彰子(訳者)

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後の日本経済の高度経済成長の要因を分析。日本人の高い学習意欲、日本的経営、日本特有の経済・社会制度を再評価するきっかけとなった1冊。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という言葉は、いまだに1980年代の日本経済の絶頂期を表わすものとして用いられている。目次:第1部 日本の挑戦(アメリカの「鏡」/日本の奇跡)/第2部 日本の成功(知識ー集団としての知識追求/政府ー実力に基づく指導と民間の自主性/政府ー総合利益と公正な分配/大企業ー社員の一体感と業績 ほか)/第3部 アメリカの対応(教訓ー西洋は東洋から何を学ぶべきか)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/24

    レビュー

    • 2008/08/17Posted by ブクログ

      「終身雇用制と年功序列制は日本企業に古来からある制度ではなく、政府の強力なバックアップを受け、多くの投資をして要請した人間をずっと企業にとどめ、技術を十分に発揮できるようにするために作られた。」

      ...

      続きを読む
    • 2012/04/16Posted by ブクログ

      高度経済成長の日本についてアメリカ人の視点を通して考えることができる本。
      基本的には、当時の日本の長所で構成されている。
      本の中でも書かれているが若干日本を持ち上げすぎだと思われる。

      文化を学ぶとき...

      続きを読む
    • 2013/12/04Posted by ブクログ

       戦後、日本の成長が世界から注目されたが描かれている。その内容は事細かに書かれており、とても外国の人が書いているとは思えない程の考察である。
      日本の仕組み体系がわかる一冊である。

    セーフモード