【最新刊】誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編

誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編
1冊

著:倉山満

1,199円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    日本人として知っておきたい“教養としての世界史”古代編。世界最古の文明は、じつは日本であり、人類の歴史のなかで長いあいだ圧倒的な文明先進国として栄えていたのは、ヨーロッパや中国ではなく“オリエント”であった。そもそも、イスラム教の理解を抜きにして、現在の世界を語るのは不可能な話なのである。「“四大文明”はチャイナの妄想である」「チャイナの絶頂期は二千数百年前、諸子百家の時代」「ヨーロッパよりも地中海アフリカのほうが先進地域だった」「なぜヨーロッパは古代ギリシャを起源としたがるのか?」――中国人とヨーロッパ人が歪めた「世界の歴史」の謎を解く! ●第1章 文明の発祥――どこが文明の先端地域だったのか ●第2章 紀元前の世界 ●第3章 消された真の先進地域 ●第4章 ほんとうは怖いキリスト教の誕生 ●第5章 暗黒の世紀の始まりと東西の明暗 ●第6章 世界の大激動と東西衝突

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/24
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    4
    5
    0
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/07/29Posted by ブクログ

       中国史のパターンを
      1.新しい王朝の成立
      2.王が家臣を殺す
      3.対外侵略戦争を仕掛けて、自陣営を減らす。
      4.漢字の改変や、歴史書を作り直す
      5.官僚や側近がやりたい放題する
      6.全国に秘密結社が...

      続きを読む
    • 2017/07/17Posted by ブクログ

      本の「はじめに」で、なぜ歴史を学ぶのか、ということで
      5つの事柄が挙げられています。
      1、正しい事実がわかる
      2、現在の自分の立ち位置がわかる
      3、未来に何をすべきか見えてくる
      4、他人の嘘を見抜ける...

      続きを読む
    • 2017/06/17Posted by ブクログ

      著者のやや偏った考えがチラチラの目につきますが、ヨーロッパと中国に偏りがちな世界史を中央アジア(イスラム教)を中心に述べている点では新たな視点を与えてくれる本であった。
      古代編とはいえ、8世紀くらいま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード