【最新刊】大間違いの織田信長

大間違いの織田信長

著:倉山満

1,425円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆戦後民主主義のヒーローとしての信長の真実の姿は歪められている? ◆真実の信長像を知ることで、新たな日本史の歴史観が構築される!◆気鋭の保守の論客倉山満が挑む新境地! ◎信長は権威をないがしろにしたのか? ◎信長は室町幕府を滅ぼしたのか? ◎信長は革新的な人物だったのか? ◎信長は戦争の天才だったのか?◎権威主義者、勝ちきれない男、土下座名人、無類の働きもの、セコイ……etc. 従来の信長像が打ち砕かれる! ■明治までのエリートには、人の上に立つ者の覚悟がありました。だから、世界史の奇跡と言われる明治維新を成し遂げ、日清日露の両大戦を勝ち抜き、世界の誰にも媚びないで生きていける強い国、大日本帝国を築き上げました。しかし昭和になり、エリートが「試験で優秀な成績を取った人」というわけの分からない定義に変わってしまい、結果、陸軍も海軍も官僚たちも“自称エリート”たちの庇い合いばかりで、誰も責任を負わないまま、敗戦という取り返しのつかない大失敗をおかしてしまいました。それでも戦前は、まだいい。少なからずの指導者たちが、自らの命を絶ちました。(中略)翻って現代日本、実にグダグダな時代です。戦争に負けて、負けっぱなし。殴り返す気力すら、失っている。アメリカの持ち物にされたばかりか、ロシアや中国までが「それを俺に寄越せ」と小突き回しに来る。あまつさえ、韓国や北朝鮮にまで舐められている。元をたどれば、占領軍のダグラス・マッカーサーが日本人をそういうふうに去勢したのでしょうが、いつまで七十年前の占領軍に責任を押し付けるのか。いいかげん、自分で強くなる、自分で賢くなる努力を始めるべきではないのでしょうか。このグダグダな現代を、どう生きるか。私はそのヒントを、本書で織田信長に求めたいと思います。(本文より)◆本書の内容はじめに なぜ信長に学ぶのか第一章 織田信長は戦後民主主義の英雄なのである第二章 君にもなれる織田信長(今こそ学ぼう! 兵法経営)第三章 信長は権威主義者だった第四章 信長は勝ちきれない男だった第五章 信長はものすごい働き者だった第六章 信長は日本史最高の土下座名人だった第七章 信長はものすごくセコイ男だったおわりに 私はなぜ、こんなに織田信長が好きなのか

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/24

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      以下、本書より。

      【本能寺の変の黒幕は誰か】
      最近の学界では、長曽我部元親黒幕説が有力視されています。
      本能寺の変は、黒幕がいたのか否かの他に、光秀の動機が謎とされています。
      その有力な動機として、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      この数年感じることは、学校で習ってきた歴史上の有名な人達の別の姿が紹介されることが多くなってきた、ということです。有名な武将の二代目(豊臣秀頼、武田勝頼、今川氏真等)についても認識を新たにしました。
      ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      織田信長と言えば覇王というイメージがあり、そのイメージの元、桶狭間の戦いとか、稲葉山城攻め、姉川の戦い、延暦寺焼き討ち、本能寺の変といった出来事が、大河ドラマなどで描かれていて、できれば近づきたくない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード