「働き方改革」まるわかり

著:北岡大介

928円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

●17年秋には「働き方関連法」が成立する見込み。関連する法律の成立・実施をにらみ、企業の取り組みも性急になっています。各地で労務担当者を対象にした研修がさかんに実施されるなど、「今から何をすればよいか」の具体的情報がいま求められています。●本書では、そういった疑問に答えるべく、企業の労務リスクに向き合ってきた社労士が執筆。仕事に関する時間の概念を明らかにするとともに、現在審議されている法案や考え方の方向性を示しながら、「残業させない」「しっかり休暇をとらせる」施策を解説します。「自主的な勉強会は労働時間なのか」「ダラダラ残業を防ぐには?」「労基署の動きはどうなっている?」など具体的な例を出しながら説明します。パート・派遣社員を含めて多様な働き方をする従業員が増える中、人事・労務担当者、もしくは職場のマネジャー、リーダーが知るべき内容です。●著者の北岡氏は、元労働基準監督官で現在は社会保険労務士。政府の動き、企業の取り組みの両面をにらんで解説します。

続きを読む

レビュー

2.6
3
5
0
4
0
3
2
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/22Posted by ブクログ

    第1章 働き方改革の背景―なぜ、いま必要なのか?
    第2章 「労働時間」をどう見るか
    第3章 多様な労働時間制度と健康障害防止対策
    第4章 働かせ方、働き方改革の進め方
    第5章 働かせ方トラブル時の紛争...

    続きを読む
  • 2019/02/08Posted by ブクログ

    4月の施行に合わせて2月末には各出版社から関連本が一斉に出揃うのはわかっていたが、豊富な裁判事例が載っていたので読んでみた。

    RPA、AI、ICなどを働き方改革に絡めて整理してあってかなりおもしろい...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2017/10/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード