【最新刊】ルーン文字

ルーン文字

ポール・ジョンソン/藤田優里子

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ルーン文字はAD1世紀頃に成立したゲルマン語の表記に用いられた文字体系で、スカンジナビア語などが語源で「神秘」や「秘儀」を意味する。ラテン語が普及してルーンが日常で使われなくなると、文字自体に力が宿る魔術文字として、怖れと敬意をはらわれるようになる。本書ではルーン文字が刻まれた石碑を紹介し、この魔術文字をとおして、ゲルマン神話の世界、アングロ=サクソン人やヴァイキングが活躍するイングランド王国成立の歴史を垣間見る。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/25
    連載誌/レーベル
    アルケミスト双書
    出版社
    創元社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • ルーン文字
      2015/12/17

      ちょっと(TSUTAYA系では無く!、公共の図書館と言う施設からの)貸借物なので?、と言っても?市営(しかも、現在は第3セクターに委託)の貸借住宅だから狭い!ので?…“ #Kindle か?、 #mi...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ルーン文字
      2019/08/01

      図書館で借りました。
      4冊目のアルケミスト双書です。

      ルーン文字って不思議ですね。
      絵が綺麗です。

      Posted by ブクログ
    • ルーン文字
      2021/01/07

      ・アンドレアス3世の石碑
       石碑に描かれているのは、ゲルマン神話において、神々の運命という意の『ラグナレク』(神々の黄昏、世界最後の日)について書かれたエピソードである。

      ・9つの世界
       ゲルマン人...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード