リベラルという病(新潮新書)

山口真由

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    人間への信頼、平等の理念にもとづくアメリカのリベラリズムが今、危機に瀕している。政治や司法から、宗教観や家族観、性差や人種問題まで、伝統的コンサバティズムとの対立を繰り返してきた歴史をひもとき、トランプ政権下で大きく軋む社会の断層を浮き彫りにする。さらには、欧米のリベラリズムを奇妙な形で輸入・加工し続けてきた日本的リベラルの矛盾と限界をも鮮やかに解き明かす。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード