百鬼一歌 月下の死美女

瀬川貴次

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

歌人の家に生まれ、和歌のことにしか興味が持てない貴公子・希家は、武士が台頭してきた動乱の世でもお構いなし。詩作のためなら、と物騒な平安京でも怯まず吟行していた夜、花に囲まれた月下の死美女を発見する。そして連続する不可解な事件――。御所での変死、京の都を揺るがす「ぬえ」の呪。怪異譚を探し集める宮仕えの少女・陽羽と出会った希家は、凸凹コンビで幽玄な謎を解く。

続きを読む

レビュー

3.2
5
5
1
4
0
3
3
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/08/30Posted by ブクログ

    最高やった、最高やった!
    凸凹コンビのやり取りも最高だし、こうきたのかという圧巻の展開と、多分多分黒幕は…って思ってた通りの展開だけどあー!!!
    もう喉をかきむしりたくなる、早く続き読みたい!!!
    ...

    続きを読む
  • 2018/07/30Posted by ブクログ

    壇ノ浦の戦いで平家が滅び、武士が台頭してきた平安末期。和歌のことしか興味がない貴族と、お仕えする中宮のために怪異譚を集める少女が、御所の怪事件に立ち向かう。
    この時代の人にしては怪異をあまり信じず恐れ...

    続きを読む
  • 2018/02/26Posted by ブクログ

     軽っ……という印象に既視感を覚えたと思ったら、ずいぶん昔に同じ作者さんの平安ものを読んで、全く同じ言い回しでレビューを書いていたという……ええ、はい、異様に軽かったです。人死にが出る話とは思えない軽...

    続きを読む
開く

セーフモード