【最新刊】入門ユダヤ思想

入門ユダヤ思想

合田正人

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ディアスポラ以降、世界中に散り散りとなり、それでもなお一つの「民族」という名のもとに存続しつづけてきたユダヤ。彼らは、現実の地上において安定した土地を見いだすことはできず、また自分の内面においてもアイデンティティを見いだすことはできない宿命にあった。そのため、彼らは歴史の中で、混乱と分裂と抗争の種となり、社会の不安や憎悪をかき立ててもきた。そうした中で、ユダヤはどのように、自分たちを世界内に位置づけようとしてきたのか? 本書では、そうしたユダヤ思想を知ることのできる主要な書物を追いながら、その核心へ踏み込んでいく。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/25
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 入門ユダヤ思想2018/07/21Posted by ブクログ

      ところどころキザな文章があって付箋を貼るものの、全体としては素人にとってはサッパリ。こういう見方で取り組めば良いっていうのは何となくわかりましたけど……。

    • 入門ユダヤ思想2020/03/14Posted by ブクログ

      序章 答えは風に揺れている
      第1章 起源―どこから来たのか?
      第2章 異境―どこにいるのか?
      第3章 市民―何に属するのか?
      第4章 エコノミー・ポリティック―何を為しているのか?
      第5章 言語―何を...

      続きを読む

    セーフモード