【最新刊】論理的思考 最高の教科書

論理的思考 最高の教科書

福澤一吉

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「どうすればわかりやすい話になるのかわからない」「議論における複数の意見をうまく整理できない」「それらしい根拠を提示されただけで、なんとなく納得させられてしまう」このような悩みをお持ちの方にぜひ読んで頂きたい一冊です。論理とは何か、論理的に思考するとは何か、演繹と帰納はどのように違うのか、はたまた論証上の誤りや認知的なバイアス(誤謬)とは何か。こういった事柄について知っておくのは、議論の場だけではなく、日常生活でも有効かつ重要です。さらには、相関と因果の違いについても、理解しておきたいものです。論証のもととなる根拠に使われるデータが偏りのない適正なものであることも、見極めなければなりません。本書は、一般的に言われる論理的思考についての誤解を解き、「論理」「論理的であるということ」の意味を改めて解き直します。

    続きを読む
    ページ数
    195ページ
    提供開始日
    2017/08/17
    連載誌/レーベル
    サイエンス・アイ新書

    レビュー

    • 2019/01/06Posted by ブクログ

      これまでに何冊か読んできた著者の本。
      比較的読みやすくまとめられたものだと思うが、存外時間がかかってしまい、自分の衰えがいやになる。

      これまでの本で中心的に扱われてきた論証の解説に加え、推論の誤りの...

      続きを読む
    • 2017/09/28Posted by ブクログ

      これまでの本と違うところは、論拠が仮説であるという点についてちょっと突っ込んでいるところ。
      いや僕もいろんなところで、「ここで挙げられている論拠って”事実”だよなあ」って思ってたんだよね。
      だから論拠...

      続きを読む
    • 2018/08/14Posted by ブクログ

      なんだかややこしくてイマイチ理解が及びませんでした。部分的に理解できたところもあるので、仕事に少しでも役立てれば。

    セーフモード