【最新刊】知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた

知ってはいけない 隠された日本支配の構造

2冊

矢部宏治

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    第二次大戦のあと、日本と同じくアメリカとの軍事同盟のもとで主権を失っていたドイツやイタリア、台湾、フィリピン、タイ、パキスタン、多くの中南米諸国、そしていま、ついに韓国までもがそのくびきから脱し、正常な主権国家への道を歩み始めているにもかかわらず、日本の「戦後」だけがいつまでも続く理由とは? 10万部を突破したベストセラー『知ってはいけない』の著者が、「戦後日本の“最後の謎”」に挑む!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    47
    5
    7
    4
    16
    3
    20
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/13Posted by ブクログ

      残念ながら、世の典型例に違わず、イマイチなパート2。

      密約告発本?暴露本?日本を売った政治家本?

      「こんな事があった、あんな事があった!とんでもない!」のオンパレード。もっと読者の事を考えて、分か...

      続きを読む
    • 2019/08/10Posted by ブクログ

      様々な密約のもとにある日米安保体制、戦犯である岸信介がなぜ8年で首相の座に上り詰めたのか? CIAからの巨額資金はどのように送られてきたのか?全自衛隊の米軍共同使用計画、在韓米軍の撤退問題、富士山にあ...

      続きを読む
    • 2019/08/06Posted by ブクログ

      政治の事は詳しくないが、ビジネスで行われている交渉と似ているとすると、絶対に譲れない部分を除くと、結局はどこかで妥協してトータルでは自国のメリットとなる様な方向にもって行く事になるかと思われる。

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード