【最新刊】虚剣

虚剣

1冊

須賀しのぶ/梶原にき

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    両親から離れ、妹の琴とともに三河で暮らしていた少年・連也は、剣の才能を見込まれ、尾張新陰流の宗家である父に呼び戻される。妹とのつらい別れを耐え、一心に修行に励んだ彼は、「尾張の麒麟児」と言われるほどの剣豪に成長する。やがてその腕が認められ、藩主義直の息子・光友の指南役として江戸に下ることとなった連也だったが、そこには尾張柳生と敵対する江戸柳生の一族がいた…。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/18
    連載誌/レーベル
    集英社コバルト文庫

    レビュー

    4.2
    4
    5
    1
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/05Posted by ブクログ

      http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2008/12/post-8542.html

    • 2012/04/08Posted by ブクログ

      和もの。んー、って感じ。
      極めていけば人間はどこかが壊れ、鬼となります。とあるけど、それでいいのかなあ。
      じゅうべいも狂っとる。
      極めると狂うのは一緒なのかしら

    • 2009/02/09Posted by ブクログ

      ミリタリー、軍記の次が時代劇(しかも剣豪もの)で「オイオイ、須賀センセイあまりにもチャレンジャー過ぎる」と思ったものです。
      この作品で書かれている粗野な柳生十兵衛が結構好みだったりします。
      作風という...

      続きを読む
    開く

    セーフモード