本所おけら長屋(十七)

本所おけら長屋(十七)

畠山健二(著)

620円(税込) クーポン利用で310円獲得へ
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 310(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/04/30 23:59 まで有効

獲得

鉄斎が大店に婿入り!? おけら長屋の面々がお白洲に!? 思いっきり笑えて、気持ちよく泣ける、人情時代小説の決定版! 江戸は本所の「おけら長屋」には、ひと癖もふた癖もある店子が揃って騒動の連続だ。廻船問屋を切り盛りする若く美しい女将に気に入られ、鉄斎が婿入りするという噂が流れるが・・・・・・「はんぶん」。久蔵とお梅の子、亀吉が、寒天長屋の子供に怪我をさせたという。目撃者がおらず、それぞれの長屋の住人を巻き込んだ争いに発展し、ついにはお白洲に呼び出され・・・・・・「みなのこ」など、笑いと感動の四編を収録。文庫書き下ろし。

続きを読む