地図のない場所で眠りたい

高野秀行 角幡唯介

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    探検部を卒業し、今を時めく人気ノンフィクション作家となった高野秀行と角幡唯介。未知の世界への憧れを原動力とする点は共通するが、テーマの選び方やアプローチの仕方は大きく異なる。高野は混沌とした人の渦へ頭からダイブし、角幡は人跡未踏の地をストイックに攻める。夢追い人二人の、仕事の流儀!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    11
    5
    3
    4
    3
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/07Posted by ブクログ

      【ノンフィクションは事実を積み上げていって真実に近づければいいものだと思うんですけど、小説は事実の積み上げもなくて真実を書かなくちゃいけないというイメージがあるんですよ】(文中より引用)

      探検家と作...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/10/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/07/24Posted by ブクログ

      早稲田大学探検部OBで作家のお二人による対談集。
      高野さんの本は好きで、よく読んでいるので気になって読みました。

      探検部時代の話から、作家としての考え方や苦労、そしてお互いの作品について語り合うコー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード