千切る月

著:乾隆

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏休みのあいだ、伯父の家で暮らしている隼一は、慣れない土地に馴染めない。太陽とプールの水飛沫が輝く昼間と、深夜の線路道での少年・初との遊び。光とも闇ともつかない、少年の心のゆらぎをみずみずしく描いた表題作。ぼくは、しんだことがある。いっかいやにかいじゃない。短編『アロエを折って』を収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード