黒猫シャーロック ~緋色の肉球~

著者:和泉弐式

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学生になって、アパート「Bコーポ」二○一号室で一人暮らしをはじめた僕は、入学式の日、彼と出会った。パイプのように曲がったシッポをもつ、真っ黒な毛並みの猫。孤高を愛し、クラシック音楽に浸り、ときどきコカイン(マタタビ)もたしなむ彼こそ、天才的な観察眼と推理力で難事件を解決する猫の探偵――シャーロック。これは、そんな猫の彼と人間の僕が、まるでホームズとワトソンのような絶妙なコンビネーションで奇妙な謎に挑む、風変わりなミステリーだ。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/20Posted by ブクログ

      黒猫のシャーロックと大学生の綿貫君の日常ミステリー。
      もちろんシャーロックはかの名探偵ホームズから来ているので、猫ちゃんが探偵役だ。
      各話のタイトルも本家のオマージュになっている。

      それにしても青年...

      続きを読む
    • 2018/07/17Posted by ブクログ

      大学生になって家を出た大部分の理由は
      飼い猫が死んでしまったため。

      猫の言葉が分かる、というのに…と
      後悔し続けている1話目。
      出会った黒猫のおかげで、よかったね、な
      最後が分かったわけですが、この...

      続きを読む
    • 2018/04/10Posted by ブクログ

      猫と会話ができる大学生と、謎解きをしていないと退屈でたまらない黒猫。ホームズに絡んだ小ネタも楽しい。人間と同じしゃべり方の猫もいれば、合間に「撫でて撫でて」と甘えが入る猫もいて可愛い。

    開く

    セーフモード