【最新刊】はてしない物語 下

はてしない物語

ミヒャエル・エンデ作/上田真而子訳/佐藤真理子訳

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バスチアンはあかがね色の本を読んでいた-ファンタージエン国は正体不明の〈虚無〉におかされ滅亡寸前.その国を救うには,人間界から子どもを連れてくるほかない.その子はあかがね色の本を読んでいる10歳の少年-ぼくのことだ! 叫んだとたんバスチアンは本の中にすいこまれ,この国の滅亡と再生を体験する.

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/17
    連載誌/レーベル
    岩波少年文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸
    • はてしない物語 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      はてしない物語 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(190件)
    • 2007/06/23

      今日は、Brunnhilde の大好きな物語作家ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」です。  これは「モモ」を読んじゃうとどうしても素通りできない作品なんですよね〜。  で、ここまでくるとこの延長線...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2007/06/23

      今日は、Brunnhilde の大好きな物語作家ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」です。  これは「モモ」を読んじゃうとどうしても素通りできない作品なんですよね〜。  で、ここまでくるとこの延長線...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/10/14

      6才か7才の頃に、
      学童保育の先生に薦められて読んだように記憶している。
      あかがね色で本文が二色刷りの豪華な本で、
      以来、これこそ本の中の本であり、物語の中の物語であると、
      漠然と思い抱いてきた。[m...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード