【最新刊】良い貿易 悪い貿易

良い貿易 悪い貿易

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自由貿易の中で成長を求めてきた世界経済が、曲がり角を迎えている。 本書は週刊エコノミスト2017年3月28日号で掲載された特集「良い貿易 悪い貿易」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・自由貿易にウンザリ 沈みゆく中間層・わがまま大国 米国の本質は保護主義・「自由貿易で成長」のウソ 戦後日本は“保護貿易”で発展した・Q&Aで学ぶ 今さら聞けない貿易と国際分業の基本と理論・揺らぐ比較優位説 現実離れした自由貿易モデル 「新古典派」の過度な数学信仰・自由貿易が格差を生む 100年前にもあった大転換 製造業没落で中間層の受難・米中激突なら米企業大打撃 米国車は中国製部品に依存/米中激突なら米企業大打撃 高関税で損するのは米国・保護貿易の背景 世界貿易の4割は新興国 中国台頭で多極化した世界経済・大英帝国が始めた自由貿易 特権階級の蓄財に利用 食糧難で平等と正義を成しえず【執筆者】大堀 達也、谷口 健、米倉 茂、中野 剛志、白波瀬 康雄、関 良基、柴山 桂太、羽生田 慶介、真家 陽一、郭 四志、川北 稔

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/04
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード