【最新刊】髑髏城の七人

髑髏城の七人

中島かずき

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時は戦国、天正一八年。関東一の色里、無界の里に関東髑髏党が襲来した。里にかくまわれていた沙霧を狙う髑髏党の前に、客の捨之介や里の主・蘭兵衛らが立ちはだかる。じつは、捨之介と蘭兵衛、髑髏党を率いる天魔王には深い縁(えにし)があった――。戦国末期、信長の亡霊と無頼の徒の死闘を描いた『劇団☆新感線』代表作の小説版。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/04
    連載誌/レーベル
    双葉文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      タイトル*髑髏城の七人
      著者*中島かずき
      出版社*双葉社

      時は戦国、本能寺の変から八年過ぎた天正一八年。関東一の色里、無界の里に関東髑髏党が襲来した。里にかくまわれていた沙霧を狙う髑髏党の前に、客の...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      題の劇「髑髏城の七人」 チケットを探したがもう見つからなかった、その時花鳥風月に続いて、極を上演するとか・・・。 早速チケットをgetしたのですが、この極は少しストーリーが違うらしい。(毎回少し違うら...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      舞台を見終わった後に、読みました。
      舞台の時は、いまいち理解できてない部分もあったのですが、小説版で補完されました。
      ちなみに、全部が全部舞台と同じわけではありません。
      これから観劇される方も観劇後に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード