【最新刊】新・知らぬが半兵衛手控帖 : 12 一周忌

新・知らぬが半兵衛手控帖

著者:藤井邦夫

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北町奉行所に投げ文が放り込まれた。そこには、上野元黒門町に店を構える質屋・大黒屋に押し込みが入るという垂れ込みが女文字で記されてあった。早速探索を開始した臨時廻り同心の白縫半兵衛は、大黒屋の周辺を見張るとともに、投げ文の主を探ろうとするが……。半兵衛の粋な人情裁きが冴え渡る、人気書き下ろし時代小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/10
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    ミステリー
    • 新・知らぬが半兵衛手控帖 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新・知らぬが半兵衛手控帖 全 12 巻

      7,414円(税込)
      74pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(24件)
    • 2017/12/13

      藤井邦夫さんの作品に「はずれ」はありません(^-^) 新・知らぬが半兵衛手控帖シリーズ№3「緋牡丹」、2017.11発行です。逃げ水、御禁制、緋牡丹、片思いの4話。「逃げ水」、「片思い」は半兵衛、半次...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2017/07/04

      ~赤い花なら曼殊沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る 濡れて泣いてるじゃがたらお春~♪ 「長崎物語」、古い歌です。哀しい歌です。藤井邦夫さん、「曼殊沙華」(2017.6)で半兵衛さんがリバイバルしました。(^-...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/02/15

      白縫半兵衛、半次、音次郎、そして半兵衛の上司大久保忠左衛門。藤井邦夫 著「招き猫」、新・知らぬが白縫半兵衛手控帖シリーズ№9、2020.1発行、三下仲間、出戻り、招き猫、虎落笛(もがりぶえ)の4話。コ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード