【最新刊】長生き地獄

長生き地獄

1冊

松原惇子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2015年の国勢調査確定値によると、75歳以上の人口が、14歳以下の子供を上回ったという衝撃的な報告が出ました。人間の長い歴史のなかで、これだけの「超高齢社会」は初めて。人類は未曾有の事態に遭遇する。いま、私たちは、これまでタブーとされてきた「死に方を決める」という課題に直面している。これからの長寿は必ずしも幸福ではない。「長生き=幸福」という価値観は崩壊しつつある。生涯未婚率が増加傾向にあるなか、単身高齢者の増加は必至。老人がたくさんの家族にみとられ、惜しまれつつ逝く姿は、もはや幻想でしかない。人間はどこかで自分の命をしめくくることを考えなければいけない時代に入ってきた。「尊厳死」や「安楽死」は、長生き地獄のなかで唯一残された生きる希望。老いさらばえるなか、ゴールの見えない人生を歩き続けるのは辛すぎる。「あそこまで頑張れば休めるよ」という希望が欲しいだけ。別に自殺したいわけではない。「死=(安楽死・尊厳死・自選死)」という希望があるだけで、人を今日一日を頑張って生きられるのではないか……。延命治療や在宅医療、老人ホームなど、長生きの実状をつぶさに取材してきた著者が、これからの死に方と生き方を問う本!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/04
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    4
    4
    5
    2
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/22Posted by ブクログ

      ドキッとするタイトルだが100年時代を迎えようとする今は長生きについて考えることはとても大事です。

      人間にとって一番苦しいのは死ぬことではなく死ねないことなのかもしれない。

      意識がなくなり意思の疎...

      続きを読む
    • 2020/02/01Posted by ブクログ

      あなたは何歳まで生きたいですか?
      超高齢社会の日本。人生100年時代と謳われるものの、「長生きしたくない」人が急増している。
      それはなぜか、長生き地獄の現場、有料老人ホームで目の当たりにした。



      ...

      続きを読む
    • 2019/03/30Posted by ブクログ

      「クロワッサン症候群」(私はどんなものか知りませんが・・・)を書かれた、1947年生まれの松原惇子さん「長生き地獄」、2017.8発行です。長生きの現場を取材し、日本には死にたくても死なせてもらえない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード