大公の傲慢すぎる求婚【天使のウエディング・ベル II】

メイシー・イエーツ 翻訳:山本礼緒

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ドレスも宝石もいらない。ほしいのは愛の言葉だけ。ウエイトレスをしながら大学に通うベイリーは、恋人との結婚を夢見ていたが、ある日突然別れを告げられた。数カ月後、新聞の1面に見覚えのある顔を見つけて彼女は驚愕する。ラファエル! まさか彼がイタリアの小国の大公だったなんて。じつはベイリーのおなかには小さな命が宿っていた。そこへラファエルが何事もなかったように現れ、身勝手にも以前のような気楽な関係を続けたいと主張した。だがベイリーが妊娠の事実を告げたとたん、彼の表情が変わる。「名誉と義務が最優先だ。君を妃として迎える」冷たい声が言った。 ■真実の愛にたどり着いたきっかけは“妊娠”──M・イエーツが命を授かった花嫁のロマンスを描くシリーズ、〈天使のウエディング・ベル〉の第2話です。ウエイトレスが大公の妃に……?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード