【最新刊】日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法

日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法

1冊

ロッシェル カップ/到津 守男/スティーブ マギー

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    Webメディア、SNS、ビジネスカンファレンスで話題の書籍が、ついに販売開始!Google、Appleといった世界的大企業から、Netflix、Airbnb、Uberなどの新進気鋭の企業まで、圧倒的なスピード感で常に新たなサービスを生み出し続けるシリコンバレー企業。その"スピード"を生み出すものは一体何なのか?そして、日本企業がそれを取り入れるにはどうすればよいのか?日本企業の実態を知り尽くした3人のバイリンガルコンサルタントが総力を挙げて、この疑問に答えます。アジャイル開発、リーンスタートアップ、ビジネス・モデル・キャンバスなど、シリコンバレーで重宝されている実践的なビジネス・アプローチに加え、その根幹となるマインドセット、目標管理制度やリーダーシップまで、実例を交えて解説し尽くします。経営者はもちろん、会社の変革を望むビジネスパーソンにとって必読の1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      アジャイル開発手法について解説している書籍は世の中に多く出回っていますが、本書のように、その背景にある経営マインドやマネジメントの考え方まで掘り下げている書籍はそうそう見かけないと思います。
      「自分の...

      続きを読む
    • 2018/04/29Posted by ブクログ

      ナイズドされるにはちょうど良い本。アジャイル開発、リーンスタートアップ、devopsから、各種フレームワークまで、習得スキルに誤りがないことを再認識。

    • 2017/10/21Posted by ブクログ

      ざっくり言えば、会社の方向と自分のやることをリンクさせて自律して動くことが大事ということ。マネージャだったらそれを部下にさせるための環境づくりが必要ということ。
      アジャイルとかカンバンとかOKRとか諸...

      続きを読む
    開く

    セーフモード