【最新刊】どこの家にも怖いものはいる

どこの家にも怖いものはいる

三津田信三 著

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    三間坂という編集者と出会い、同じ怪談好きとして意気投合する作家の三津田。その縁で彼の実家の蔵から発見された「家」に関するいくつかの記述を読むことになる。だが、その五つの幽霊屋敷話は、人物、時代、内容などバラバラなはずなのに、奇妙な共通点が……。しかも、この話を読んだ者の「家」には、それが訪れるかもしれないらしい。最凶の「幽霊屋敷」怪談登場!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/28
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      5つの怪異の奇妙な類似性
      その大本を探っていく作家と編集者

      面白かったです
      読んでる間 もしかして…と思ったけど
      終幕でのやり取りで なるほど〜!やっぱり〜!
      とう感じになりました

    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード