化身の哭く森

吉田恭教

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    7年前に消息を絶った祖父の痕跡を探すため、「入らずの山」と呼ばれる地に入った大学生・春日優斗と友人たち。下山後、ほどなくして彼らは次々と死を遂げる。さらには祖父と繋がりのあった探偵も6年前に31歳の若さで亡くなっていた。禁断の地に関わる者たちに訪れる非業の死。これは祟りかそれとも……。広島と東京で起きる死の連鎖に、元刑事の探偵・槙野康平と「鉄仮面」と呼ばれる警視庁捜査一課の刑事・東條有紀が迫る。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    7
    5
    0
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      槙野・東條シリーズ第4弾。
      昆虫学者だった祖父が7年前に広島にある山に入ったまま、行方不明になった大学生の春日は、その祖父の意思を継ぎ、祖父が消息を絶った山に、大学の登山部の仲間と入ることに。表向きは...

      続きを読む
    • 2018/12/03Posted by ブクログ

      槇野康平・東條有紀シリーズ、4作目。

      前作では槇野がほとんど出て来ない展開となっていたが、今作を読んで、やっぱりこの二人が共にメインで展開していく方がこのシリーズは落ち着くカナという印象。(というよ...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      10月-4。3.5点。
      探偵槙野耕平シリーズ。
      大学生が母親を刺し、自分も自殺。捜査する東條。一方槇野は死亡した大学教授が、探偵に何の調査を依頼していたかという依頼を受ける。
      探偵は熱中症で死亡してい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード