【最新刊】歴史の主役はみな病人

歴史の主役はみな病人

1冊

久次米 義敬

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ●国運を賭けた決断時に痔が痛み、戦争を阻止し得なかったのは誰。近衛文麿。首脳会談中に脳梗塞発作が起こり、自国に不利な結果を招いたのは誰。ルーズベルト。文明を滅ぼし、国境線を変えた疫病とは。天然痘。天然痘作戦でイギリスはフランスとの植民地争奪戦争に勝った。●尿路系の病気は不快で神経をいらだたせる。東郷平八郎は尿路結石が持病だったが、幸い日本海海戦のときには発作は起きなかった。しかしナポレオン3世は普仏戦争のクライマックスで膀胱炎が悪化、スダンで降伏するはめに。●そもそも、指導者たちは年齢的に何らかの持病を持っているはずで、それがどのように歴史を左右したかは重要なテーマとなろう。まさに歴史の主役はみな病人なのだ。●〈目次〉(1)歴史の主役はみな病人(2)病気こそ人類史の本質(3)食べて飲んで歴史を作る(4)病気よ、汝の名は人間なり(5)病気なくして芸術学問なし(6)インスリンの発見…あまりにも意人間的な(7)国民病だった脚気…?外さえいなければ

    続きを読む
    ページ数
    292ページ
    提供開始日
    2017/07/27

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード