【最新刊】アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム

アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム

1冊

鬼頭昭三・新郷明子

1,012円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    発見から110余年、いまだ有効な治療法も薬もなく、日本人にとって深刻な問題となっているアルツハイマー病は、もう一つの国民病である糖尿病と、きわめて密接な関係にあった! 神経科学の第一人者が「記憶物質」としてのインスリンの作用を明らかにし、海馬が冒され発症するまでの「負の連鎖」を根本から断つ新しい治療戦略を提言。実際にどうすれば予防できるか、治療効果が期待できるのはどのような薬なのかも具体的に示す。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/28
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/07Posted by ブクログ

      糖尿病と認知症の関係に興味を持ち購入。

      細胞特異的に毒性を発揮するストレプトゾトシン(使用すると糖尿病になる)という恐ろしい試薬が存在する事にまず驚きました笑

    • 2018/11/15Posted by ブクログ

      第1章 情報が伝わらないと病気になる
      第2章 情報は脳をめぐり記憶となる
      第3章 アルツハイマー病とはどんな病気か
      第4章 糖尿病とはどのような病気か
      第5章 インスリンからみたアルツハイマー病
      第6...

      続きを読む
    • 2018/07/08Posted by ブクログ

      アルツハイマー病は脳細胞にβアミロイドというタンパク質が沈着することにより起こる病気と考えられているが、この脳内のβアミロイドを分解するのがインスリン分解酵素であるそうです。
      しかし、高血糖の状態が続...

      続きを読む
    開く

    セーフモード