曲がった空間の幾何学 現代の科学を支える非ユークリッド幾何とは

宮岡礼子

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代数学の中の大きな分野である幾何学。紀元前3世紀頃の数学者、ユークリッドによる『原論』にまとめられたユークリッド幾何からさらに発展した、さまざまな幾何の世界。20世紀には物理の世界で大きな役割を果たし、アインシュタインが相対性理論を構築する基盤となった、その深遠な数学の世界を解説します。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    6
    5
    3
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/11/19Posted by ブクログ

      優れた入門書だと思います。
      扱う範囲は微分幾何学、位相幾何学、リー群の初歩と幅広く、本格的な数学書への橋渡しに適しています。

    • 2019/10/30Posted by ブクログ

      レベルは高い。大学レベル。
      数学的な厳密さにも配慮をしつつ、幾何学的本質については労を惜しまず、説明してくれている。
      随所の小話もおもしろい。ブルーバックスらしくテンポもよい。
      非ユークリッド幾何の副...

      続きを読む
    • 2019/01/18Posted by ブクログ

      曲がった空間を数学的な扱いについて書かれている。曲率などの幾何学の用語についての解説が分かりやすい。D.O

    開く

    セーフモード