【最新刊】声と文学 拡張する身体の誘惑

声と文学

1冊

塚本昌則・鈴木雅雄 編

5,456円(税込)
1%獲得

54pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    『〈前衛〉とは何か?〈後衛〉とは何か?』『写真と文学』に続く、文学史・文学概念の脱構築を試みる共同研究の第3弾。完結篇。今回のテーマは声=音。録音技術と文学の関係までをも問う反文学論集。詳細年譜「音響技術と文学」を付す。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/26
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード