【最新刊】高値からの株・債権・為替

高値からの株・債権・為替

1冊

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    連日のように市場最高値の更新を続ける米国株。一方、トランプ政権に右往左往するように見える日本株。為替相場や債券市場の変化も激しい。高値からの投資には、市場を見抜く目が必要だ。 本書は週刊エコノミスト2017年3月7日号で掲載された特集「高値からの株・債券・為替」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・NYに追い付けない日本株 大型株避け活況の中小型/インタビュー プリンシパル・グローバル・インベスターズ ロバート・バウアー氏/金投資 不確実性高まり価格が上昇 人口16億イスラム圏も参入・相場変動に強い日本株はこれだ! クオリティー・バリュー投資・大型株、中小型株のクオリティー・バリュー(QV)銘柄・本当に長く持てる株 株主還元を重視する米国15銘柄、日本5銘柄・銘柄診断/1 ソフトバンクグループ 積極果敢な大型投資 金利急騰時にリスク・銘柄診断/2 小野薬品工業 高額なオプジーボ薬価 「唐突」見直し株価低迷・銘柄診断/3 三菱電機 産業用モーターへ集中 高収益体質へと変貌・銘柄診断/4 マツダ メキシコ生産比率高くトランプ政策の影響懸念・歴史の視点 トランプ政権の“本質”はレーガンではなくルーズベルト・「米国一強」の加速 日本株も巻き込まれ乱高下 資金の逆流は始まっている・ドル・円相場 金利差との相関は崩れる 「強いドル」は過去2回のみ・J-REIT 日銀と証券会社が誘導 高値相場に冷める個人・債券 新興国の高利回り妙味 レアル建てが急上昇【執筆者】桐山友一、森田隆大、大川智宏、尾藤峰男、安井健二、遠藤功治、加谷珪一、山本雅文、山崎成人、前川貢、エコノミスト編集部【インタビュー】ロバート・バウアー

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/26
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード