【最新刊】資源総予測2017

資源総予測2017

1冊

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    原油の強調減産の実施や化石燃料を重視するトランプ政権の誕生で追い風が吹いている資源相場だが、市場環境が複雑になり、先行きの不透明感も増している。2017年の資源相場を占う。 本書は週刊エコノミスト2017年3月14日号で掲載された特集「資源総予測 2017」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・米中のオールドエコノミー回帰 インフレ懸念でマネーは資源に/インタビュー 寺島実郎・日本総合研究所会長・インタビュー 高井裕之 住友商事グローバルリサーチ社長・相場大予想 原油(1) 横ばい 米露サウジが緩やかに連帯 減産は継続し<span class="tcy">50</span>ドル台維持へ・相場大予想 原油(2) 上昇 シェールは生産抑制 年末には<span class="tcy">70</span>~<span class="tcy">75</span>ドルも・相場大予想 原油(3) 下落 主要産油国は減産延長せず 米中需要減、利上げで<span class="tcy">20</span>ドル台も・相場大予想 金 欧州リスクやインド需要増で6月にかけて金価格上昇へ・相場大予想 銅 チリ銅鉱山でストライキ 供給不足で価格押し上げ・相場大予想 鉄鉱石、原料炭 粗鋼生産量拡大で需要増 中国やインドがけん引・まだ買いの資源銘柄<span class="tcy">25</span> 中小型の割安株が狙い目 中国の市況回復が好影響・米パイプライン 輸送コストは鉄道の3分の1 米国からの原油輸出に拍車・米・強硬策の真意 中東危機あおるトランプ政権 油価上昇でシェール企業支援・鉱物資源 トランプ政権の1兆ドル投資が牽引 <span class="tcy">18</span>年に鉱物資源は上昇する・原油先物の読み方 史上最高の投機筋の買い越し 買い余力とインフレ対策【執筆者】松本惇、藤沢壮、畑中美樹、江守哲、藤和彦、亀井幸一郎、芥田知至、柴田明夫、平川昇二、佐藤誠、岩間剛一、新村直弘、本間隆行【インタビュー】寺島実郎、高井裕之

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/26
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード