【最新刊】西郷星

西郷星

岡本綺堂

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治10年、西南の役で西郷隆盛が没した後に、帝都の夜空に箒星がいく度も流れた。人々はこれを西郷星と呼び大騒動になったという――。著者の幼少時の記憶をもとに綴られたユーモア溢れる表題作をはじめ、切れ味鋭い掌編から、読み応え充分な中編まで、稀代のストーリーテラーの才筆を存分に堪能できるヴァラエティ豊かな作品集。全11編のうち8編が初文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/28
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 西郷星
      2017/08/12

      短編集は後になって出る本ほど寄せ集めや質が落ちるといった印象になりがちですが、このシリーズは違います。まだこれほどの作品があるんだという驚きとともに読み終えました。全てがそうだというわけではなく、ちょ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 西郷星
      2017/07/11

      奇譚集。収録作品は、俳諧師鬼貫/不孝者/水野十郎左衛門/吉田家滅亡/大森彦七/新長恨歌/心中の味/埋れ木/黒狐/西郷星。

      一つ一つの物語は読み進む手が止まらない、魅力にあふれた文章なのだが、余韻が後...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 西郷星
      2018/09/15
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード