【最新刊】散歩する侵略者

散歩する侵略者
1冊

著者:前川知大

604円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

真治と鳴海の夫婦は、ちいさな港町に住んでいる。亭主関白ぶって浮気する真治、気づかないふりで黙っている鳴海。だが真治が、3日間の行方不明ののち、まったく別の人格になって帰ってきた。脳の障害――医師はそう言うが、子どものように素直で、「真ちゃん」と呼ばせてくれる新しい真治と、鳴海はやりなおそうと思った。だが静かに、町は変容していく。“侵略者”が、散歩しているから。地球侵略会議はファミレスで。鳴海と真治の夫婦、そして侵略者の物語。

続きを読む

レビュー

3.4
11
5
2
4
3
3
4
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/10Posted by ブクログ

    うーん、刺さらんかったなぁ。
    色々と何で、刺さらなかったのか考えてみたところ、全体的にフワフワしているので、それを許容できる大人にならないと楽しめないのかもしれないという結論に至った。
    まぁ、読んだタ...

    続きを読む
  • 2019/01/14Posted by ブクログ

    最後にたどり着くのは愛
    失ったら取り戻すことができないし
    失ったことに気付くこともできないし
    愛って悲しい。生き物を弱くする

    読んでいる途中はうーんだったけど
    読み終わっておおーとなった

    ところで...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2018/07/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード