深沢七郎『楢山節考』を読む(文芸漫談コレクション)

奥泉 光/いとうせいこう

108円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    「自分でない人と話し合いたい、対話したい、コミュニケートしたいという、人間としての根源的な欲求を、ここまで美しく描いた作品はあまりないと僕は思うんです(奥泉)」「ここはもう、がまんせずに泣きましょう(いとう)」。今回は、深沢七郎『楢山節考』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。本電子書籍は、文芸誌「すばる」2012年2月号に掲載された作品の電子版シングルカットです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード