【最新刊】江戸の高利貸

江戸の高利貸

1冊

著者:北原進

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    江戸時代の金融の流れを紹介しながら、武士社会になくてはならなかった高利貸の成立と繁栄、金を借りた武士の困窮と借金の棒引きの歴史を丁寧に解説。「粋」や「通」の文化を生んだ金貸し商人の実態とは。【目 次】ニッポン高利貸資本論 現代の高利貸 江戸の高利貸札差の登場 蔵米取と札差 蔵宿師VS対談方十八大通 幕府の札差援助 御蔵前馬鹿物語 堕落する旗本・御家人棄捐令 借金帳消しの画策 棄捐令発布文化・文政の繁栄と天保改革 札差株の下落 化政期の札差文化 天保の札差改革維新、そして滅亡 蔵米取の消滅と札差業 江戸札差一覧『江戸の高利貸』を語る文庫版あとがき

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/25
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード