甘木唯子のツノと愛

著者:久野遥子

777円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

岩井俊二(映画監督) 、絶賛。「チャーミングにうねる線‥‥意思を持ったパース‥‥ちっちゃならせんのツノを中心に回転する物語‥‥気がつけば‥‥見えざる桃色の渦に飲み込まれている」アニメーション作家としても第17回文化庁メディア芸術祭[新人賞]を受賞した、新世代の才能が贈る初作品集。ツノのある妹と、ツノのない兄。母親と離れて暮らすふたりは、ある秘密の“特訓”を続けていた……。痛くて愛おしい“ちいさなおんな”たちを描く、四編の物語。 収録作◆『甘木唯子のツノと愛』全3話 /『透明人間』/『へび苺』/『IDOL』

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.1
6
5
3
4
2
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/10Posted by ブクログ

    久野遥子さんの作品『甘木唯子のツノと愛 (2017)』を読んでみた。 おいら、大好きな作品集です!! 特に”IDOL”とタイトル作の”甘木唯子のツノと愛”がGood!! 切なくて、儚かなくてイイネイイ...

    続きを読む
  • 2018/11/21Posted by ブクログ

    「マンガ」を読んだという充実感が凄い。極論ストーリーなんてどうだっていい(本書に限っては内容も挑戦的なものでかなりいいが)と思わせる力。

  • 2018/03/21juju
    絵柄は楽しい

    アニメーターさんらしい絵柄は作品によって変わるので、
    それを見るのは楽しかったですが、
    途切れたストーリーのような終わり方は私には?マークでした。

もっと見る

セーフモード