【最新刊】自分らしく要領よく仕事をしてなぜか評価されるズルい働き方

自分らしく要領よく仕事をしてなぜか評価されるズルい働き方
1冊

著:濱畠太

1,078円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

人それぞれに異なる仕事へのモチベーションの 発端 = 幸福感に、どう近づいていくか。平均化・常識化の考えにとらわれず、「自分だけの幸せ」を追求していく。「働き方」の新モデル本。ズルい= ・ルールを逸脱するもの・他人を騙したり陥れたりするものでは、ありません。それよりも「陰で努力をする」「発想の転換をする」「いい人になる」「嫌な事を忘れる」など、いつもの仕事スタイルを少し変えることで得られるメリットやモチベーション維持の方法だったのです。100人の社員がいる会社には100通りの働き方があります。社会人が100万人いれば、100万人それぞれの価値観で仕事をしています。その中の1人があなたであり、私です。仕事に対しての考え方や解釈も、アプローチのしかたも、作業スピードも違います。上司の指示に従って、波風を立てることなく進めていくのがうまい人もいれば、その反対に何にでも挑戦的に反論して、自分の意思を強く推そうとする人もいるでしょう。仕事のスタイルはそれぞれですが、その100万人に共通して言えることが1つあります。それは、、、。(続きは本書にて)★微力な自分が、加速し続ける大河を泳ぎきるために「必要なもの」はなにか★モチベーションを形成する要因★なりたい自分に近づこう■目次・第1章 今の自分をとことん信じきる!・第2章 自由に働くために発想を転換する!・第3章 やる気の炎を消さないで!・第4章 都合のいいように考える!・第5章 そろそろ本気出してみるか!・第6章 やっぱり人生はずっと勉強です!・第7章 なりたい自分に近づこう!■著者 濱畠太ノンフィクション作家(ビジネス書、自己啓発書)。マーケッター。 1000名からなる日本最大級のマーケティング勉強会「商品開発の会」幹事。ものづくりセミナー「山手会」幹事。 本田技研傘下の鈴鹿サーキット、明治4年創業の老舗食品メーカー・柿安本店を経て、現在は大東建託に在職。いずれも商品開発・広報・宣伝・マーケティング部門を担当。 近著では、NHK大河ドラマの主人公を題材としている。 官庁の観光誘致、大手企業の商品開発など、多くのプロジェクトに参加。企業や学生を対象にした研修・講演のほか、大規模な異業種交流会の主催もおこなっている。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」ほかメディアにも多数出演している。

続きを読む
提供開始日
2017/07/21

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード