テリー伊藤の天才ノート

著:テリー伊藤

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    世の中には「天才」と呼ばれる人たちがいる。一方、天才の活躍を見て、「すごいなあ」と、感心しているだけの人がいる。その違いはどこにあるのか。「天才演出家」とか「天才テリー」などと言われてきた著者が、自らを「天才ナビゲーター」と称し、凡人のための「天才養成講座」を開講した。本書は、著者テリー氏が18歳のときから抱えてきた斜視を手術したのちに得た「新しい目」で、まっすぐに見つめ直して、できあがった本である。日頃の芸能活動において、接する機会の多い「天才」たちから盗み、会得した「天才の条件」を、読者にズバリと提示する。まさにテリー流・使える「天才論」であり、テリー氏が自らの成功のうえで必要とした条件が、惜しみなく開陳される。東国原英夫・長渕剛・ビートたけし・太田光・小泉純一郎……本書で取り上げる天才たちが、凡人と差をつけることができるのは、なぜか。あなたの人生を変える「きっかけ」となる本である。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/11/16Posted by ブクログ

      テリー伊藤は、ベッタベタを提供する職人です。
      素材を斜めから、正面から切り取って、
      判りやすく、突き抜けることに命張ってます。

      細かい根拠や整合性なんてどうでもいいんです。
      世間の8割はそんなこと求...

      続きを読む
    • 2009/08/15Posted by ブクログ

      「最悪の事態のシミュレーションができている人はここぞというときに強い」

      例えば、「ゴルゴ13」はつねに最悪のことを想定している。
      人と話すときは必ず壁を背にしているし、
      現場に入ったらまず最初に脱出...

      続きを読む

    セーフモード