メガバンク絶体絶命(新潮文庫)

波多野聖

781円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    日本最大のメガバンクを喰らい尽くす、魔の「T計画」が発動! TEFG銀行は絶体絶命の危機に陥った。総務部長としてこの難局に挑む二瓶正平。そして、頭取の椅子を捨て相場師として生きていた桂光義が、義と理想のために起(た)つ。史上最大の頭脳戦がここに始まった。経済の巨龍・中国の影。謀略 vs. 戦略。マネーを知り尽くす著者にしか描けなかった、痛快無比の金融エンターテインメント。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード