【最新刊】いま生きる「資本論」(新潮文庫)

いま生きる「資本論」(新潮文庫)

佐藤優

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソビエト崩壊後、貨幣代わりに流通したマルボロから「一般的等価物」を語り、大使館にカジノ代をたかる外遊議員が提示したキックバックに「金貸し資本」のありようを見る。『資本論』の主要概念を、浩瀚な資料と自身の社会体験に沿わせ読み解きながら、人間と社会を規定する資本主義の本質に迫る。過労死や薄給のリスクに日々晒される我々の人生と心を守る、白熱のレクチャーによる、知の処方箋。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/21
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • いま生きる「資本...2018/11/21Posted by ブクログ

      佐藤優氏の新潮講演を文字の起こしたもの。内容は、マルクス資本論について、労働力商品化をキーワードにして読み解き、解説するもの。
      全6回の講義なので、資本論全体を読むわけではなく、全体の中で重要なところ...

      続きを読む
    • いま生きる「資本...2017/04/04Posted by ブクログ

      マルクスの「資本論」から現代を読み解くというテーマ本。資本論は日本の幕末時代に書かれたものだが、佐藤氏の出色の解説でこの時代でも全く色あせていないのを実感できた。古典とはこのように読むものだということ...

      続きを読む
    • いま生きる「資本...2020/12/13Posted by ブクログ

      初めて読んだ「資本論」。難しかった!
      でも世の中の仕組みについて勉強になることがたくさん書いてあった。
      しばらくしてからもう一度読みたい。

    開く

    セーフモード