【最新刊】AIが神になる日

AIが神になる日
1冊

松本徹三

1,512円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

来るべきシンギュラリティーに備え、人間は何をなすべきか?村上憲郎(前Google日本法人代表取締役)「今後AIについて何かを語るとき、この本が提起する諸論点を無視しては語れなくなると思う。」夏野剛(慶應大学特別招聘教授)「AIの真髄を理解したい人、正しく理解すべき人、これらすべての人にとって必読の書。」高木友博(明治大学理工学部教授)「ここまで広範な分野を深く理解し、縦横無尽かつ明瞭に語れる人を私は過去に見たことがない。」コンピューター技術の発展型であるAIと、その究極の姿であるシンギュラリティーは、人類に何をもたらすか?AIが次世代のAIを自ら作り出すことにより能力が加速度的に向上して、ついに「シンギュラリティー」が実現する時期が近づきつつある。これは、想像を絶するほどの凄まじい変革を人間社会にもたらすだろう。産業革命は、人間の肉体的な限界を破って人間社会の在り方を変えた。コンピューターは、人間の頭脳の一部の機能を拡大して、第二の産業革命を起こしつつある。しかし、AIの究極の姿であるシンギュラリティーは、人間の頭脳のほとんどすべての機能を複製、拡大して、まったく新しい世界を創り出す潜在力を秘めている。本書は、こうした認識をベースに、著者の豊かな知見を通して、人間が行ってきた技術革新とは何か、人間とは何か、人間が信じてきた神(宗教)とは何かを考察し、今後人間がどのようにAIに向かい合うべきかを提示する。

続きを読む
提供開始日
2017/07/19

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード