おまえが望む世界の終わりは

著:菅野彰 イラスト:草間さかえ

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

俳優兼映画監督の佳人(けいと)は、8年ぶり、二度目の映画を撮ることに。馴染みの操演の親方に特別な「火」を依頼したところ、若い弟子・孔太を紹介される。孔太はゲイでもないくせに、佳人に「付き合ってくれ」と迫ってくる。「あんたならやれそうだ」と。しかも訳アリの彼と、しばらくの間同居しなければならなくなって……!! 傷ついた子供のような、でもまっすぐな孔太との生活は、佳人の15の頃の記憶を揺さぶる……。

続きを読む

レビュー

レビューコメント
  • 2017年277冊め。これはいつもの菅野彰のようでもあり、また違った一面を魅せてくれた一作。表紙のたたずむ二人の印象から、燃え盛る炎のシーンへ。激しいタイトルに隠された、15歳の子ども達の思い。雰囲気...

    続きを読む
  • 気持ちは変わる。すれ違って壊れてしまった想いが元の形に戻ることはままならない。傷つき、疲れ切って、後悔して。そんな時に出逢ったからこそ、新たに育まれる関係がある。全ては巡りあわせ。いつ、どんな風に出会...

    続きを読む
  • ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • BL。俳優兼映画監督の佳人と、操演の孔太。映画における「火」についての技術は面白く読めたけど、孔太の初対面にも拘わらず人を喰った物言いが余りに無礼で苦戦。上手に大人になれなかった孔太に終始違和感を覚え...

    続きを読む

セーフモード