ボーダーワールド-碧落のTAO- 1巻

木村聡

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 313(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

人類の半数以上が肉体を棄て、自らをデータ化した未来。宙に浮かぶバーチャル世界『ZONE』で、データ化された遺伝子情報の組み合わせから誕生した完全なるデータ生命体タオは、初めて訪れた実世界でひとりの少女・ヒルダと出会う。ヒルダに惹かれ、「触れたい」と強く願うタオ。しかし、2人の間にはバーチャル世界と実世界、データと生身という深い溝が横たわっていて…?

続きを読む
  • ボーダーワールド-碧落のTAO- 全 2 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ボーダーワールド-碧落のTAO- 全 2 冊

    1,254円(税込)
    12pt獲得

レビュー

レビューコメント
  • 肉体を捨ててデータ化されたエーテル人となった人類と肉体を保持した人類との戦いの話。エーテル人は救済として称して人類を殺害しようとする。エーテル人は人間が持つ生理的な感覚や欲望などといった概念を持たない...

    続きを読む
  • 驚いた。早川書房のSF小説として出版されてもおかしくないクオリティ。物語の主軸はデータ化した遺伝子情報を基に生まれたデータ生命体:エーテル人 VS 生身の肉体を持つ人間。本作品はこの「肉体を捨てた者」...

    続きを読む
  • HEBのエゴとレジストの話。しっかり作ろうとしてそれができてるんだけど、今ひとつ読んでて面白みがない。話にここへ向かうっていうのがないからなのか内容自体が中だるんでるというか。そのせいでせっかくちゃん...

    続きを読む
  • 疑問なんですが、このZONEの人々は生殖によって子孫を残す必要もなく性に関する知識も基本的には持っていない(いらないから)…となると第2世代の彼らに性別って要るんですか?特に女性の豊満なバストとかいら...

    続きを読む
  • データのみから生まれた情報生命の主人公と、人間の女生徒のいびつな交流を描いている。ある意味ファーストコンタクトもの?主人公の肉体に依存する感覚を全く知らないが故の反応が面白い。データ生命側にも人間側に...

    続きを読む

セーフモード