【最新刊】散歩で楽しむ野鳥の本

散歩で楽しむ野鳥の本

1冊

編集:大橋弘一+Naturally

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。『庭で楽しむ野鳥の本』に待望の続刊が登場。 姿も声も美しい鳥たちを観察するバードウォッチングは、忙しい現代人の心身をリフレッシュする貴重な時間です。また、地球環境に目を向ける、とても有意義な趣味でもあります。しかし、遠い山奥に出かけないとバードウォッチングができない、と思い込んでいる人も多いのではないでしょうか? この本ではそんなに遠くに出かけずとも大都市の住宅街でも観察することのできる、いろとりどりの野鳥を紹介しています。収録しているのは街中や公園、川原など、身近な場所を散歩するときに見られる野鳥78種類。 本物の野生動物たちに、こんなにも近くで接することのできる「バードウォッチング」を、この本とともにぜひ楽しんでください。 ※ご注意本書に掲載している野鳥の写真は、紙版では原寸大で表示しておりますが、電子書籍版ではお使いの端末や表示倍率によって、原寸大の表示となりません。

    続きを読む
    ページ数
    99ページ
    提供開始日
    2017/07/14

    レビュー

    4.2
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      水鳥や水辺の鳥がたくさんのっていて楽しい本です。
       小さい鳥は、実物大の写真! 
       大きいの野鳥は 写真に実物との倍率が書いてあるのがユニーク。
      索引もあります。

      2011/11/12 借りて読み始...

      続きを読む
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      鳥の見分け方は難しい・・・
      もっと鳥を観察する機会を増やしてからもう一度この本を見ると
      理解が深まるような気がする。
      あと、画像が荒かったり、陰影が強すぎたり、
      使用している写真のなかには、あまり質が...

      続きを読む
    • 2016/04/01Posted by ブクログ

      山と渓谷社、大橋弘一氏の「散歩で楽しむ野鳥の本(街中篇)」2008.11発行です。シジュウカラは生まれた場所から半径300mの範囲で一生を過ごすとか、とても狭いんですね。眼の周りの白いアイリングとうぐ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード