【最新刊】東急東横線あるある

東急東横線あるある

1冊

著:寺井広樹 著:村神徳子

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。中目黒はナカメ、武蔵小杉はコスギと呼ぶ!!東急東横線に乗るのが、楽しくなる207ネタが発車オーライ!【内容紹介】路線利用者120万は、読んだら常備せざる得なくなること間違いなし!鉄道や駅ネタはもちろん、カルチャーや人間像も。沿線利用者なら必ず気になる東横線にまつわる「あるある」をこの一冊に!!・綱島の幻の桃「日月桃」とは?・時たま、エスカレーターが鬼のような速度で動いている?!・渋谷、新宿三丁目、池袋以外の行先が分からない?・レモンサワー発祥のお店があるぞ!・大黒堂の「鮎焼き」は多摩川の鮎をイメージしていた!!などなどディープな東急東横線のあるあるネタを200超収録!!

    続きを読む
    ページ数
    163ページ
    提供開始日
    2017/07/14

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード