Aではない君と

薬丸岳

842円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

同級生の殺人容疑で逮捕された14歳の息子。だが弁護士に何も話さない。真相は。親子は少年審判の日を迎える。吉川文学新人賞受賞作

続きを読む

レビュー

4.2
86
5
36
4
36
3
13
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/19Posted by ブクログ

    立場、年齢、性別、職業、さまざまな要素によって「少年が人を殺した」という事象にさえも、往々な解釈や捉え方が存在すること、その危うさについて深く考えさせられました。

    殺人が最悪な行為だと理解しているは...

    続きを読む
  • 2019/05/19Posted by ブクログ

    少年犯罪者の父親が一人称となり、どう過去や今に向き合うかを一緒に考えさせられた。犯罪者の家族、被害者の家族のことを今後事件ニュースを見たら考えてみたい。

  • 2019/04/14Posted by ブクログ

    3.8新聞に書かれる事実は、事実の1パーセントでしかないと言う話。真実に迫るためには、自分が精一杯生きるしかない。

もっと見る

セーフモード